2018年11月30日金曜日

収穫感謝のご報告

【YMCAマナ保育園】


11月9日(金)に収穫感謝祭がありました。

各ご家庭から持ち寄っていただいた沢山の野菜に囲まれながら
礼拝の時を持ちました。

かごの中には
さつまいも・大根・にんじん・里芋
柿・みかん・いちご・りんご
ねぎ・白菜・きのこ
と盛りだくさん!!

これはなんだ??と野菜の名前当てクイズをすると
ほとんどの野菜の名前を答えられていました。


神さまが作ってくださった食べ物に感謝しながら、
幼児さんは、お米とぎとクッキングを。
乳児さんは野菜の下洗いをお手伝いしてくれました。




大きいおいもだね。


きれいに洗ってね。


ごしごし・・・


幼児さんが作ったのは「フルーツポンチ」です。
みんなでフルーツを包丁で食べやすい大きさに切りました。

調理さんにも来てもらって、パイナップルがどんな風に
カットされていくのかを真近で見せてもらえたのも
おもしろかったね。



この日の給食は、
ふりかけご飯
豚汁
鮭の塩焼き
みかん
でした。

一気にほおばったねー!!

「自分の切ったフルーツがあった!!」



野菜いっぱいの美味しい給食
をみんなで心を込めて
『いただきます』をして食べました。

実りの秋
季節の移り変わりと同じく
食べ物にも旬があることを
感じてもらえたらいいなと思っています。

神さまの恵みで大きくなれていることに
感謝します。


        (YMCAマナ保育園  佐藤)

2018年11月7日水曜日

英語遊び・体操あそび

【YMCAマナ保育園】


幼児クラスでは、1ヶ月に1回専門のリーダーと
一緒に体育あそびと英語あそびをしています。



体育あそびでは、リーダーの動きを真似たり、
自分の意思でいろいろな部分を動かすことで、身体の動かし方を知り、
運動する楽しさを感じられるようにしています。


登園後、動きやすい服装に着替えると、
「今日は体操だね」と朝からウキウキの子どもたちです。






サーキットでは、マットや跳び箱、平均台などに挑戦。
小さな自信や意欲に繋がる時間になればいいなと思います。



英語あそびでは、ネイティブのリーダーと一緒に歌ったり、

ゲームをしたり、身体全体で英語を楽しんでいます。



リーダーの真似をしているうちにいつの間にか覚え、
名前を聞かれると、「My name  is  〇〇!」と
上手に答える姿もみられるようになりました。


世界には色々な国の人がいることや

それぞれの言語があることを知るための第一歩にもなりますね。



こうした色々な活動や遊びを通して、
私たちマナ保育園は
“他者と違うこともあるんだよ”
“みんな違ってみんないい”
の大切さを認める保育に取り組んで行きたいと思っています。

                (YMCAマナ保育園 安藤) 

2018年11月6日火曜日

「このゆびとまれ」簡単クッキングのご報告 ~地域活動:このゆびとまれ~

【YMCAマナ保育園】


マナ保育園では、地域の子育て中の方々を対象にした
子育て支援活動「このゆびとまれ」を毎月実施しています。
10月29日は簡単クッキングを行い、
2組のママとお子さん3人がマナ保育園に遊びにきてくれました。
リス組の子どもたち4人も一緒にクッキングに参加しました。




今日の簡単クッキングはふりふりボールおにぎりとミニピザです。
まずふりふりボールおにぎりを作ります。



子どもたちが持ってきた空の紙コップにごはんを入れて配りました。
テーブルの上に用意したおにぎり用ふりかけ(ごま、わかめ、若菜)
から好きなものを選んで紙コップに入れます。



ラップをして輪ゴムでとめてからシェイクすればボールおにぎりの出来上がり。
シェイク、シェイクしたら、きれいなボールおにぎりが出来ました。






食べた後の笑顔はとても素敵です。



次にミニピザを作ります。
用意した具材はピーマン、コーン、ツナとチーズです。


餃子の皮にケチャップをぬってからコーンを入れたり、
ツナを入れたりしてミニピザを作りました。


何でかな・・・ピーマンの人気は少ないみたい。






お好みのミニピザができたら、ホットプレートで焼いて出来上がり。


自分で作ったミニピザはいつもよりおいしくて何枚も食べました。
みんな大満足でした。






今回の簡単クッキングを参加していただきまして誠にありがとうございました。
ぜひマナ保育園にまた遊びにいらしてください。
        
             (YMCAマナ保育園  

チャリティーランのご報告

【YMCAマナ保育園】

晴天の空の下で1020()にチャリティーランが開催されました。
チャリティーランとは障がいのある方を支援するために開催され、
ランナーとして出場された方々の参加費が募金に繋がります。
マナ保育園からも1チーム5人の2チームが参加しました。



始まるまではリラックスをした表情で友だち同士「頑張るぞ!」と話していましたが、
スタート地点に立った時の表情は真剣でした!



1人100メートルの距離を5人で繋ぐリレー形式なので
1つのバトンをしっかりと繋ぎゴールを目指しました。
腕を振り一生懸命走っている姿に応援をしている保護者やリーダーの声も大きくなり、
子どもたちも自分たちが終わっても友だちを「頑張れ~!」と大きな声で応援して、
ゴールした時はみんなで喜びを共有している姿には団結力を感じました。



頑張って走った後はみんなでお弁当を食べました。
チャリティーランが始まる前や空いた時間に木登りをしたり、
親子で野球したりしてたくさん体を動かしたのでお腹もペコペコ。
美味しい昼食になりました。






みんなで協力して走ったチャリティーラン!
障がいのある方に募金と共にしっかりと笑顔を届けることが出来ました!
お疲れ様!!!
                
             (YMCAマナ保育園 福光)

人形劇



【YMCAマナ保育園】
子どもたちが楽しみにしている
メルヘンさんの人形劇がありました。






今回の演目は・・・

南の島のハメハメハ
あかずきん
カエルの歌
ドレミの歌

でした。




「赤ずきん」では、オオカミが登場してくると、思わず目を覆って・・
でも、気になるから・・・と指の間からチラッと見る乳児さんや、
オオカミと赤ずきんの掛け合いを、まるで笑点を見ているかのように
大笑いをして見ていた幼児さんの姿が印象的でした。







普段なかなか見れない世界観の中に、身を乗り出して見つめる子どもたち。
こうして、幼いころから芸術に触れ、体験できる機会を作っていきたいと思います。


           (YMCAマナ保育園   佐藤)





2018年10月22日月曜日

お弁当の日(4.5歳児)


【YMCAマナ保育園】



4、5歳児でタイヤ公園に行ってきました。
「どんな場所かな?」「恐竜が置いてあるらしいよ!」
「タイヤがいっぱいあるんじゃない?」想像を膨らませたり、
行ったことのある、知っている子どもから情報を仕入れてとても楽しみにしていました。






電車に揺られ、商店街を抜け、細道を通ると…やっとタイヤ公園に到着です。








大きなタイヤ、ゴジラ、滑り台子どもたちは大興奮でした。




大きな滑り台ではこんなかわいい姿も!!


友だちと滑ったり一人で滑ったり・・・・。


バランスが取れずこんな格好になる子も(笑)




滑り台一つでも階段を上るときに腕力、脚力を使い、
ときにバランス能力が培われます。


それだけではなく、滑り台を降りるときの「楽しい」「怖い」などの興奮は
脳神経を刺激し、脳の発達を促すそうです。
度も繰り返すことでスピード調整を覚え安全に対する感覚も養われます。





子どもは何気なく遊んでいますがその遊びの中には様々な成長が隠れています。
普段の活動はもちろんのこと園外の活動でも大人がやらせるのではなく、
子どもたちの「やってみたい」「やってみよう」から成長が培われる、
そんな保育を心がけていきたいです。また、お弁当のご協力ありがとうございました。


           (YMCAマナ保育園  米倉)