2020年1月17日金曜日

思うようにならないこともある。さて、どうしよう? ~幼児ぐみ園外保育~

【YMCAマナ保育園】


昨年も行われたサッカー体験にまた行くことになりました。「とても楽しかった」と口々に言う子どもたち。今回再び、ということでみんなわくわくして出発したのです。しかも今回はサッカーの後、初めて行く公園に行けるんだって!お弁当持って出発!
ところが。前日の雨でグラウンドのコンディションは良くありません。靴に水が染みてくるし、転んだら人工芝に撒いてあるヤシ殻が手にも服にも着いて不快!手を拭いて、ズボンをはたいて、よしっ、また行ってきます!



ウォーミングアップ代わりの鬼ごっこは楽しかったけど、実戦形式は楽しくないと感じる子もいます。
「サッカーやりたくない」
じゃあ少し休憩して見ていよう。


サッカーを終え、向かったのは大和ゆとりの森。晴れていたので戸外でお弁当を、と思ったら冷たい北風が吹いていました。風が苦手な子にとってはイヤな感じ。上着を重ね着して凌ぎました。

その後はみな楽しく遊びました。風もおさまりふわふわドームで遊ぶこともできました。


生きていると思うようにならないことはたくさんあります。天候や怪我で身体的に不快な思いをすることもあれば、ケンカやハプニングで心的に不快な思いをすることもあります。まだまだ初めてのことが多い幼児期においてはかなり日常的にあることです。
保育者は「イヤだったね」と共感し、少し気持ちが落ち着いてきた頃に「どうする?」と問いかけています。「イヤだ」でお終いにするのではなく、思うようにならないこともあるけどどうにかなるようだ、と感じることができるといいなと考えているからです。この先、異文化に接した時、何かに躓いた時、思いがけない事態に遭遇した時、考えること、感じることを放棄せずに地道に解決しようと取り組む力につながれば、と思います。

                  (YMCAマナ保育園 金子)




2020年1月9日木曜日

「20周年記念式典」

【YMCAマナ保育園】

マナ保育園は、1999年12月に
無認可保育園「YMCA能見台チャイルドケアセンター マナ」として開園しました。

開園当初9名しかいなかった園児が、今や72名の園児のにぎやかな声が聞こえる園になりました。
そして先日、20周年を迎え、記念式典を取り行いました。


マナ保育園を支えて下さった沢山の方々がお祝いに来てくれました。




食事をしながら、懐かしい顔ぶれに、会話が広がります。
マナ保育園がこれまで歩んできた歴史や、そこに携わった方たちの愛情を再確認させられるひと時でした。

懐かしい若かりし頃の写真がスライドで流れると、懐かしい~と歓声が上がります。


マナ保育園の繁栄を祈り、「これから20年後こんなマナ保育園になって欲しい」というメッセージもいただきました。
「子どもたちが笑顔で楽しく過ごせる保育園」「子どもたちの第二の家でありますように」「マナ保育園に入園できてよかったです。また、保育士として戻ってきます」
「子どもも大人もありのままでいられる保育園」などなど・・・
素敵なメッセージありがとうございます。

これから先も、目の前の子どもたちひとり一人が安心して
自己を思いっきり発揮できる保育園でありたいと思っています。
10年先・・20年先・・地域とともに繁栄し、子どもたちの健やかな成長を見守っていけますように。

     (YMCAマナ保育園 佐藤)


2020年1月8日水曜日

シャボン玉 大好き!!

【YMCAマナ保育園】

最近、シャボン玉ブームが到来し、園庭に出ると「シャボン玉やりたーい」と声があがります。

シャボン玉をするのが初めてのお友だちも、息をふぅー!ってやってごらん。と話すと
一生懸命「ふぅーーーーーー、ふぅーーーーー」
シャボン玉ができると、ふわっと笑顔がこぼれます。


ある日の夕方・・外はあっという間に暗くなり始めましたが、乳児さんがシャボン玉をしていると、その様子を窓ごしに見つけ、やりたーい!!と幼児さんが慌てて保育室から出てきました。

ほら!アイスみたい。
カップに見事に乗っかったシャボン玉。

カップにむかって吹くとできるんですって。

「大きいシャボン玉ができたぁ」
息を吹きかけて、上へ上へと上げようとしたり、潰したりする遊びが広がります。

あまりの大人気さにシャボン玉液を入れるカップが売り切れになると・・
さささーーーーーっと
保育士がバケツにシャボン玉液を入れ、ぐるぐるかき回し
にぎりこぶしに息を吹きかけ始めました。

大きいシャボン玉ができました。
道具がなくても大丈夫。


地面に向かって吹きかけると、もくもく ゆらゆら 泡が踊ります。
キラキラ光って何とも幻想的。
空に向かって吹く以外に、こんなに遊びが広がるなんて、大人では思いつかない。
さすが、子どもたち。驚かされることばかりです。

               (YMCAマナ保育園  佐藤)




2019年度 「クリスマス会」

【YMCAマナ保育園】

12月21日(土)にクリスマス会がありました。
私たちの救い主であるイエスさまの誕生をみんなでお祝いするクリスマスがやってきます。

乳児さんの部では、礼拝をして、お祈りを捧げたあとはお楽しみの時間です。
「どんないろがすき?」の歌に合わせて、好きな色のカードをクリスマスツリーに飾りつけました。

 今回初めて参加された方もいたと思いますが、楽しんでいただけましたでしょうか?
子どもたちも家族の人に囲まれながら、一緒に歌を歌ったりしながら、同じ時を過ごせたことが何よりも嬉しかったことでしょう。

 お部屋の雰囲気がいつもと違って、興味津々。
「おほしさま みつけたね」


幼児さんの部では、みんなが大好きな「パプリカ」のダンスを踊ったり・・・

トナカイやツリーの飾りをつけて、見えるところは膝から下だけ。
さて、我が子はどの足でしょう??
自分の子だと思った前に立ってみてください。と聞いてみました。

えぇー。どれだろう??

見事に全員大正解!幕が上がって、目の前がママやパパで、大喜び。
お家の人は、きっと「ホッと」したことでしょう。


 みんなで演じた「ページェント」
緊張したけど、みんなが見守ってくれて、やりきった気持ちも感じたことだと思います。


マナ保育園に集うみんなでお祝いしたクリスマス。

イエス様がいつも子どもたちのことを見守っ下さるように、
私たち保育者も、ご家族の皆さんと一緒に子どもたちの健やかな成長を見守っていきたいと思います。

クリスマス おめでとう!!


               (YMCAマナ保育園  佐藤)

2019年12月27日金曜日

子育てサロンぴのきお「親子クッキング」のご報告

【YMCAマナ保育園】


この日のメニューは、「餃子ピザ・きなこ棒」です。
7組の親子の皆さんが参加してくださいました。


まずは餃子の皮に、コーンやツナ、ピーマン・玉ねぎなどを炒めて、トマトソースで味付けしたソースをのせてからチーズでトッピング。



具材をいっぱいのせる子も。もう食べたくなっちゃうね!
餃子の皮を使うことで、早いし・簡単ですねー。とママたちから大絶賛でした。


手作りのリンゴのジャムものせても、デザートにもなりますよ。

ぴのきおをいつも支えてくださる地域の方々のご協力もいただき、ありがとうございました。
みんなでわいわい楽しくクッキングをすることが一番の目的です。
ママとお友だちと楽しく過ごせて、私たちも嬉しかったです。

      (YMCAマナ保育園  岩本)



この指「クリスマスクッキング」のご報告

【YMCAマナ保育園】

12月23日に地域のお友だちと、ママたちでクッキングを行いました。

今回のメニューは、「ポテトサラダのクリスマスツリー」と「にぎらないおにぎり」です。

飾り付けは”自由に、好きなようにしていいよ~”
コーンにしようかな・・・やっぱりブロッコリー!!と夢中です。

あともう一つは、にぎらないおにぎりです。にぎらないとは?
紙コップに鮭ご飯を一口分入れて、上からラップをかけて、ゴムをとめれば準備OK!
あとは、シェイク、シェイク!!です。



みんな腰まで振って、ノリノリです。

そしてまだまだこれで終わりません。
なんと!ピザまで作りました。こちらはお土産にしました。お家で食べたかな??

クリスマスの訪れをお祝いしながら、みんなで楽しくクッキングができたことを感謝します。ご家族と素敵な年末年始をお過ごしください。

   (YMCAマナ保育園  匡・佐藤)





2019年12月19日木曜日

お弁当の日(幼児)


子どもたちが楽しみにしている月に一回のお弁当の日。
いつもとは違う景色・遊具にテンションが急上昇です。


やぐらをスイスイ登っていく様子です。

これは、裏側に階段があるわけではないのです。
身体全体で踏ん張って登っています。

ここではノコギリだって、自由に使えます。
ちゃんと足で押さえれば危ないことはありません。

先ほど自分たちで切った木材を火にくべて、ラーメンを作りました。

美味しくってこの表情!

食後もたっぷり遊びました。

大人から見て危険じゃないかな?と感じるところは子どもから見たらスリル満点で魅力的。
そんな場所でも怪我なく遊べるのは、自分で「ここからは危険だな」のラインが考えられるマナ保育園の子どもたちならではだなと感じました。今後も皆の「やりたい!」をどんどん叶えられる保育をしていきたいと思います。

        (YMCAマナ保育園 金子)